Magnetic II @ Pacific Science Center

お久しぶりです。
昨日は久しぶりに、って本当に久しぶりに、多分2月のMagnetic I @ Pacific Science Center以来行ってきました、パーチーに。

今回は音楽ってよりも何よりも、Pacific Science Centerの一部が12時まで見学できるという特典つきのパーチーで、普段は12時過ぎに行って、メインのライブをみてさっさと帰るっていう感じなんだけど、今回は10時に行って満喫してきました。



プラネタリウムを最初は目指していたけれど、その前に行き着いたのは最初は液体窒素の実験コーナーでクラッカーを液体窒素で凍らして食べるとどうなるか?なんてやっていました。ドラゴンのように口から鼻から白い煙がもくもくと、なんてことを実演している人が、ちいさなころから頭の良さそうなまじめそうな人で、それが異様におかしかったりして。ちょうど教育テレビとかでまじめに番組をしている科学のお兄ちゃんなんだけど、そのまじめさが変に面白いっていう感じでしょうか。

そこを出次に行き着いたのは熱中雨林の蝶々の部屋でした。

シアトルは最近めっきり寒くなって、雨も続いているし、夜の10時なんて真っ暗で霧雨で寒いんだけど、ここはあっかるくて温かくて、もちろん熱帯雨林って感じの植物園って感じの部屋でした。入る前に蝶々を触ったりしない、壁に体をぶつからないようにするなど注意事項を聞いた後でいざ入園。蝶々が飛んでいるんだよね、熱帯植物の合間を。下敷きサイズの蝶図鑑があってそれを見ながら、「あ、これはこの種類じゃない?」とか、「これはどれだろう?」とか話しながら蝶々鑑賞をしました。

ビルの頭に停まったり、僕の背中に停まったりもしてくれて。でる時には出口で両手を上げて1回転スピンをして蝶々が体に停まっていないことを係の人に確認してもらってから出るって感じで、それがまた儀式のようで面白かったり。

そしてプラネタリウムに到着。ちいさなプラネタリウムで壁の周りにソファーがくっついているところでした。あら、よく見るとっていうか声を聴いてみると、さっきの実験のお兄さんじゃないですか。

プラネタリウムのお兄ちゃんは普段は幼稚園から小学生を相手にしているので、今回のオーディエンスにはちょっと戸惑った感じです。なんせ、土曜の夜のパーチーの人たちですから。最初は宇宙の誕生とかを説明していたんだけど、僕にはさっぱりわかりませんでした。スーパーノバ(Supernova)ぐらいまではついていけてもそれ以上はさっぱりでした。

横に座っていた女の子は話を聞きながら「質問!」とかして、その質問がちゃんとお兄ちゃんの説明を理解した上での質問で、周りの人たちは僕らも含めて「おぅー」と感心のため息。彼女は「だってあたし学生だからこういうの聞いちゃうと勉強モードに入っちゃうのよね。」とか言ってました。苦笑

そしたらその連れの男の子が突然、「えー北斗七星はおおぐま座のケツ(ass)なの?」って発言。そしたらお兄ちゃんがちょっと沈黙した後で「そうそう、そうなんだよね。」だって。そりゃー子どもはそんな質問しないよなー、と思いつつ。また苦笑。

でもおそらく大半の人たちは宇宙の誕生は難しすぎたらしく、自分の星座を聞きたい様子。「かに座はどこ?」ってのから始まって。お兄ちゃんも「これは今夜のシアトルの10時半の星空です。この星空ではおひつじ座からおとめ座まで見えるんです。だからかに座の前におひつじ座から説明しましょう。」とか始まって。

おひつじ座は全然覚えてないけど、とりあえず占星術の星座はほぼ一直線に並んでいるんですね。しかもかの有名なオリオン座のすぐ右上がおうし座なんですね。なのでおうし座はなんとなく覚えました。で、ずーっとふたご座で停まっちゃってるので、僕がビルに、「ねーかに座はどこなのか聞いてよ」って頼んで、ビルが「で、かに座はどこなの?」って聞くと、お兄ちゃんは、「そうそうこのふたご座の次にあるY字の星座です」とやっと説明。当たり前ですがふたご座しし座の間ですね。

でも他の人はどこに星座があるかよりも星占いの世界に入っているようで、かに座はどんな人?しし座はどんな人?みたいな質問がきて、お兄ちゃんも戸惑いながらも答えてました。

多分僕ら二人だけが小1時間ちゃんとお兄ちゃんの講義を(理解したかどうかは無関係ですが)12時の終了まで聞いていた感じです。今度普段の日にちゃんと来てみようとか思っちゃいました。隣りにはIMAXもあるしね。もちろん熱帯雨林の蝶々館もあるし。

プラネタリウムが終了して、メインフロアに行くとちょうどメインのJAIAの直前で。JAIAもiPODで聞いていたらアンビエント系も半分ぐらいだからちょっと気を抜いていたら、バリバリのトランスでビビリました。なんだよ、そこのフランス人すげーじゃねーか、って感じでした。

a0011876_1421557.jpg

という訳で、久々に行ったパーチーはとても勉強になるものとなりました。このくらいの方が年々歳を重ねてきた我らにはちょうどいいのかもしれません。
[PR]
by duggo | 2006-11-13 07:44 | 遊び
<< Global Orgasm 銃乱射事件 >>