カテゴリ:Private( 16 )

アメリカの大統領選挙2

前回はちょっとヒラリー氏に同情の内容でしたが、
こないだマサチューセッツにいる友達と電話で話したときに
彼女はオバマ氏の支持者でいろいろと面白いというか
興味深い話をして考えさせられました。

まず、ヒラリー氏に期待をしている女性としての
特性というか一人の母という人物がアメリカの大統領にという
ところですが、友達曰く、オバマ氏のほうがよっぽどフェミニン、
つまり女性的というか、アプローチの方法が分極化しないというところ。

政治にはどうしても賛成意見と、反対意見をどう交渉して
いかに賛成意見の人数を増やすかというところが重要ですが、
この分極化するというところは政治の汚いというか、ありきたりの
処方・手法なわけです。

この手法は共和党のマケイン氏、民主党のヒラリー氏もあからさまに
掲げている方法ですが、オバマ氏はこの方法をできるだけ
つかっていないと思うのです。

そう、ここが女性的というか、男性的な争って勝つ!みたいな従来の方法
ではなくてオバマ氏の場合、いかに人間の良心に訴えて味方につけるという方法で
ある気がします。

これは現大統領が911以来使い続けている恐怖を植えつけてそれから守る、
つまり国家保障・テロとの戦いとして行っているような手法では
オバマ氏はないわけです。

それは、ある意味、英語で言うナイーブ(鈍感、経験がなく気づいていない)な
ところと批判されるところでもあるオバマ氏ですが、
逆にとると、今までのこの方法で国際社会・情勢は不安化の一途を辿っていった
ということを踏まえると、実は違うアプローチをしたほうがその結果が
違ったものになる可能性が高いという方式にも当てはまるところです。

そうそう、このアプローチを変えずに、違う結果を求めるという
人間の性質は、セラピーをしていてもよくつかうところです。
このアプローチであっているはずだから、続けて、
でも現実的にその結果は悪化していく一方、もしくはステータスクオ(変化無し)
に終わるということはたた自分の人生でもあります。

だから、経験がなくて、政治の世界に長居して汚れているベテラン政治家よりも
オバマ氏のほうが斬新に新たなアプローチ、しかもそのアプローチは
分極化を進めるのではなくて、反対意見の人、国に対して手を差し伸べて
対話をおこなっていくという分極化とは正反対のアプローチを
掲げているので、結果としては可能性として違うものが生まれる可能性が
高いといえるのかもしれません。

それから、個人的な感情でいうと、マケイン氏、ヒラリー氏が大統領選挙の
それぞれの政党の候補者として、結果として選ばれなかったら、
僕としては、少し可哀相な気持ちになるな、と思ったところです。

でもオバマ氏が候補者になり、もし落選したとしても、その感情なわかない気がします。
失望・残念という気持ちはある思いますが、「可哀相」という気持ちはなさそうなんですよね。

何故か?

まず、マケイン氏は年配ですよね。しかも以前も大統領選に共和党内で争って
その座を現大統領に負けています。
この年齢で、今の世界の状況、アメリカの不況を改善していくという次代大統領の
大きな仕事に向かっていくということは、いくら経験があるといっても、
体力的にも非常に大変なことです。

ヒラリー氏は、前回にも書いたとおり、女性としてのアメリカ初大統領を目指しています。
クリントン家を嫌っている人がこの国では多い中、しかも夫は在任中に
不倫事件が発覚してそれをも乗り越えてここまできた人です。

そう、この二人には「この選挙でなくては後はない!」という日本語で言うと
清水の舞台から飛び降りる覚悟というか、もう本当にこの機会を逃したら
次はないんですよね。

が、オバマ氏にはそれが僕個人では感じません。
もし落選しても、上院議員として仕事を続けていくでしょうし、
それに伴って経験もまして、周りからより尊敬される政治家になる気がします。

で、ここまで考えて思ったことは、オバマ氏には余裕があって、
今までとは違ったアプローチ、斬新さがあって、
2001年9月からの世界の不穏な空気を変えることができる可能性が大!
と、思いました。

そして付け加えると、彼は政治家になる前に、
シカゴでコミュニティーオーガナイザーとしての
草の根運動というか、貧しい人々を目の当たりにして、その人たちと一緒に一つになって
その地域に貢献活動をしてきた、その経験はベトナム戦争帰還兵+長年の政治経験の
マケイン氏や、大統領夫人、弁護士、上院議員としての経験があるヒラリー氏とは
またまた想像のできない可能性がある気がしてなりません。

さてさて、どうなることでしょう。
[PR]
by duggo | 2008-03-16 06:27 | Private

アメリカの大統領選挙

随分とご無沙汰しています。
って読んでる人少ないと思いますが。

そうそう、去年からこちらでは大統領選挙キャンペーンというものが行われています。

共和党はマケイン候補で落ち着きそうですが、民主党はオバマ氏とヒラリー氏との
選挙戦が繰り広げられています。

おそらく、オバマ氏で落ち着きそうですが、ふと部外者(アメリカ市民権ないし)として思うことが。

ヒラリー氏もオバマ氏も僕はどちらも好きです。

オバマ氏は演説を聞くと、本当に乗せられるというか、英語で言うところのHOPEFULに
なるカリスマ性のある人物です。ケチをつけたくてもつけられない感じがします。

一方のヒラリー氏、彼女はいろいろな意味でいろんな目には見えないものと戦っている、
そしてその戦いで憔悴しきっている気がします。

まず、現実としてヒラリー氏を嫌いという人がアメリカにはとても多いということです。
彼女がいったい嫌われるようなことをしたというのは特にないんですけど。
ま、イラク侵攻に賛成した、情報が正しくないとわかった現在もその賛成した自分を
変えていないというのはありますが。

でもやっぱり女性というところが一番大きいのではと思われます。
女性だからこそ、女性でもアメリカの大統領といてやっていけるということを
示そうとしているからこそ、彼女の時には頑なまでの態度が、
僕であってもこの人ちょっと怖そうとか、感じてしまいます。
でも、こう感じる理由は彼女が女性としてもやっていけるということを
世間に示す必要があるから、そして世間の人々がこの人なら大丈夫だと思う必要が
あるからこそ、なんですよね。
そして僕の中でも認めたくない事実、そう女性が世界のトップ(アメリカ大統領ですし)
として不安というか、抵抗感というのがないといえば嘘になる気がします。

理性的には問題がないですけど、例えばマスコミで彼女のネガティブなニュースが
ポジティブなニュースより取り上げられるというのは、社会的にみても
その性別の差があるのではないかと。
自分自身もそんなニュースを見ると最初は納得しちゃうんですよね。

あとで客観的に考えようとして初めて彼女の女性候補者としての大変さを感じます。

もし、ヒラリーが女性でなかったらこんなに話題にもならないですし、
ましてや元大統領婦人としての経験もないことになりますが、
彼女がここまで強い自分を演じる(ているのかは別として、そのプレッシャーは確実に存在します)必要がないんですよね。

大統領っていうのは、当たり前ですが日本にある首相とは違って絶対的な権限を
持っています。それは現在のアメリカでどんなに支持率が低くても大統領が
いろいろな法案に拒否権を行使しているのを見ていてもわかるとおりです。

でも女性だからこそできなかったことができるのでは?という純粋な性別の違いによる
変化を表に出せないのが今の彼女の辛いところだと思います。

彼女は女性であり、母であり、アメリカの大統領が女性であり母である人物が
なるというのは世界に変化を与えるのには十分すぎると僕は思うんですが、
多分そう客観的に思える人はアメリカでも日本でも少ないんだろうと思われます。

母でもある人物がアメリカのトップになって、その人物が世界で影響力を行使できる
としたら、もしかしたら戦争だって少なくなるかもしれないし、
地球だってもっと積極的に大切にするんじゃないかと、思うのは僕だけなのでしょうか?

彼女は本当に特に悪いことしてもないのになぜかオバマ氏と比べると
怖くてきつい女性のイメージがあります。でも彼女の討論会での話していること、
演説で話していることは、そんなにオバマ氏と変わらないんですよね。
彼女は女性というイメージと、クリントン元政権とのイメージと戦っているんですよね。

ましてや、彼女を毛嫌いする人が多いアメリカではそれにも対応しなければならず、
そしてそのためにオバマ氏からは大統領選挙で共和党候補と一騎打ちになったときは
受かる可能性が新人候補のオバマ氏よりか低いとも言われる始末。

なんだか、毎度のようにポイントが曖昧ですが、彼女の挑戦と、おそらくそれが
成功しなそうなその現実、寂しい気がするこのごろです。
[PR]
by duggo | 2008-03-03 03:32 | Private

IMAX グランドキャニオン

グランドキャニオン凄かったです。ずいぶん昔だけどね、もう。
あそこはやっぱり凄かったです。

崖っぷちにたっても怖いって気持ちよりも、壮大で吸込まれていくような。
でも人だかりが苦手な3人はキャニオンも端っこのほうが人が少なくて
居心地がよかったのを今でもよく覚えてます。

K君が確かテントで川の字になって寝たときに真ん中だったんだけど、
語り手として執りつかれてたのにもかかわらず、僕ら両脇の2人はグーグーと寝てしまい、
K君夜中に小話が溢れてきて眠れなくなったっていうエピソードもありました。

そう、このグランドキャニオンのIMAX版は、前回でちょっとでてきた、99年ジョシュアツリー→モニュメントバレー→グランドキャニオンのキャンプの旅で、3人で本場グランドキャニオンのIMAXシアターで観ました。

僕の勝手な印象では、Mちゃんがあの旅のときかなり勢いがあったんだけど、グランドキャニオンなんだからこれは観ないとっていうお勧めで観たんじゃないかと思います。

で、なんでこの話題かというと、実は今のパートナーのビルは、この作品のカメラマンアシスタントをしたということが発覚!

小型機に乗ったのは数回だけだそうだけど、フィルムの管理など(まだ当時は若かったんだろうね、ソルトレーク時代だろうから)が主な仕事だったとか。

観たときは確か上映時間まで裏の駐車場でまってから、本場グランドキャニオンのIMAXシアター(ログハウス風?)入館でした。

当時はその作品に関わった人とパートナーになるとはこれっぽっちも思わなかったけど。
またまた、偶然の出来事でした。

人生は偶然の連続なんだということを改めて実感しました。
[PR]
by duggo | 2007-03-11 13:56 | Private

Global Orgasm

いきなりですが、たまたま?こんなサイトを見つけました。

バックに流れる音楽も素敵ですが、またこのコンセプトもちょっとビックリだけど
なんとなく納得してしまうのは僕だけでしょうか?

ひょんなことでこのサイトから辿り着いたのですが、

発案者のレフェルさんは「オーガズムはその時もその後にも、素晴らしい平和な気持ちを与えてくれる、まるでめい想のようなもの。それを集団で行えば、白紙の状態から変化が生まれる」

と書いてあります。しかもこれって冬至ですね。昔はパーチーだって遊んでた日だけど。
(っていっても直前のネタは思いっきりパーチーですが)

で、もしこれを読んでくれた皆さん、一緒に試しませんか?
12月22日自分達で場所と時間を選んで、オーガズムを平和への願いへのエネルギーに
向ける、ってことを世界中の人がいろんなところでしているなんて
そんなことなら自分でもできるかな。

僕の友達とうちのビルのお母さんの誕生日の気もしますが。是非是非みんなで試しましょう!

ちなみに彼らはブログもあるみたいですね。
[PR]
by duggo | 2006-11-30 13:52 | Private

笑っちゃいけません、仕事上。

今週かの有名な某大統領の出身地テキサスでこんな事件がありました。

仕事上では笑っちゃいけません。

Three teachers and 15 support personnel at Lake Highlands High School were complaining of nausea and lightheadedness after eating the muffins at a staff lounge in what appears to be a deliberate incident.

英語でのニュースですが、こんな事件が起こりました。何者かがPTAからの差し入れを装いマフィンを届けて、それを先生三人と学校関係者が中身を知らずに食べたら・・・・・・・

Ms. Greenfield (86歳の受付係の女性) couldn't stop laughing.......

当たり前ですが、笑いが止まらなくなっちゃったんだんですね。

I just picture all the teachers raiding the cafeteria and student backpacks for munchies...

もし今の仕事をする前の、たんなるこの高校の生徒だったら確かにこのブログの筆者のようにウケマクリという反応なのかも・・・・

しかもこの受付の高齢の女性、そのブログ筆者によると・・・・

The funny thing is the 86 year old told the news she always wanted to know what Pot was like and was tickled to find out what was in there.... Methinks Granny has been wanting to get high for awhile.. all she had to do was ask a student for a joint or something! Should we take up a collection for Granny? What is a bag going for these days anyways? Grams for Gramma!

試してみたかったとのこと。ほんとかよ。病院に運ばれてもただ検査するだけで、笑いを止めたりはできないのでしょうが・・・・うぷぷ
[PR]
by duggo | 2006-05-19 23:55 | Private

お車購入

そうそう、日本帰国後の1大目標だった、うちのパートナー所有のSUVをエコノミー車に買い換えるっていう仕事が決着しました。先週の土曜日に前日休みだったビルが地元のディーラーで見つけてきたVWのJETTAのディーゼル。1999年型だけど、マイル数(総走行距離)も少なくて、なんたってディーゼルなので燃費がすっげーよくて。

しかもちょっと頑張ればバイオディーゼルって穀物から作ったディーゼル燃料でも走れちゃうっていうなんともいいやつです。

マニュアル車だけど、VWのバスとは違ってとってもシフトチェンジもしやすくって。車高が低い(って普通の車高だけど)のでそれに慣れないといけないけど。

写真とって載せないといけないなーと思いつつ、撮れてませんが。

そんなことで、結局うちの自家用車2台ともVWになりました。日本の友達もVWのゴルフ乗ってたし、しかも東京滞在中はずっとその車で案内もしてくれて。ドイツ人の細かな気配り、技術には圧巻です。
[PR]
by duggo | 2006-05-03 13:54 | Private

空豆とGeorge Clooney

って題名ですが。

オスカーのあった週末にうちのパートナー(ビル)が床屋さんに行ってきました。
その名も地元の商店街みたいなところにある「Bill's Barbar」へ。
そこから帰ってきて僕はそんなに気にならなかったんだけど、本人は思ってた以上に
短く切られて、前髪がさらに短くて"I look like a Lama bean!!"と嘆いていました。

もうすぐ日本に一緒に行くのでそれもあって床屋に行ったみたいなんだけど、
最近一生懸命日本語練習しているビルに日本語の先生としては、あ、それはつまり

「空豆みたいになっちゃった~」ですね、と教えました。
そう、もちろんそれから僕は空豆君と呼び始めときました。

で、ジョージクルーニーさん、助演男優賞をいきなり受賞してましたね。
彼のスピーチは誰のスピーチよりも大好きでした。
だって、他の人はみんなお世話になった人にサンキューを言うって義務が主な目的で
全くもってつまらないものだったから。

でも、社会派映画を費用をかけてリスクを承知の上で作った彼は、そんなことよりも
やっぱり筋がしっかり通っていて、素敵でした。
彼の授賞式が始まる前、授賞式の後のパーティーでさえも
すっかり口では賞が欲しかったとか言ってたけど、
ぜーんぜんリラックスしていて、式後のパーティーではジョークさえ飛ばしてました。

っていう日曜の夜のテレビをみんな観ていたのかどうかは知らないけど、
ビルが翌日の月曜の家に帰ってきて、なんだか上機嫌。

どうしたのかと思ったら、職場の同僚が(しかも2人?!?!)ビルのニューヘアカットを
観るやいなや、「ジョージクルーニーみたいだね!」とビルに言ったらしい。

僕の中では、う~ん、ゴマシオの髪の毛の色はそうだけどいくらなんでも
ジョージクルーニーはねーだろー、って感じ。(お腹もでてるしぃ~)
空豆だって、あーたは。

ま、ジョージクルーニーファンが聞いたら吹っ飛ばされそうですが。

オスカーでのあの一番感じの良かった人に似てるって言われたんだから、
僕も心の中では嬉しいです。外見というよりも内面がよさそうだったしね。
[PR]
by duggo | 2006-03-20 12:35 | Private

命の尊さとは

新年早々アメリカでは炭鉱で炭鉱労働者13人が坑道に閉じ込められ、結果として12人が亡くなるという事故のニュースでテレビやラジオはもちきりでした。

当初、救出活動の結果1人の死亡が確認され、12人が生きているという誤情報が全米各TV局やラジオ局、そしてそれが夜中だったために主要の新聞の1面の見出しにまで流れてしまいました。

僕はそのニュース誤情報も真情報も流れた時は寝ていたのだけれど、朝起きて心の中でちょっとびっくりしたというか、?マークというか、色々考えるとこになりました。

ニュースによると、その誤情報(つまり1人死亡で12人生存)が流れた時に、炭鉱の近所の教会に集まっていた家族、友人、近所の人たちが英語でいうと「セレブレート」して、みんなで喜び合った、子どもも交えて歌って踊ったと聞きました。どこまでそれが本当なのかはわからないけれど、僕個人的に驚いたというか考えさせられたのは、1人死亡のニュースではなくて12人生存に対して祝ったという、それが教会でいったいどのような雰囲気だったんだろうと。

確か1人死亡というニュースは最初の方に爆発だか何かの犠牲者ですぐに情報が入っていたので、誰だかわからないにしろすでに知らされていたみたいだけど。1人の命が亡くなったっていう事実を前にしながら、しかも教会という(その宗教を信じる人々には)神聖な場所で祝っている光景が、どうしても想像できなくて。

昔、浪人生のときに高校生読本の一つの話が日本の哲学者(倫理学者?)の書いたもので、命というものは数によって価値を判断されるものではない、と読んだことがずっと今になっても頭から離れなくて、衝撃的だったというか、当たり前だと自分で思いながらも、例えば事故のニュースとかでも犠牲者の数で自分のショック度や関心度が比例しているって事実に嫌悪感さえ覚えた記憶が。

今も、戦争中で犠牲者の数でその日はまだ良かった、最悪の一日だっただの報道されるけど、命の数ではなくて、命が亡くなってしまったという事実自体に重みがあるんだ、と自分で言いきかせて聞いたとしても、本当にそう感じることは難しいなぁと日ごろから思っていた矢先に。

報道のされ方も、数だけでの表現でその犠牲者(イラク人であれ、米軍であれ)の顔、人生なんて(もちろんわからないのだろうけど)全く触れられず、機械的に伝わる犠牲者の数。

そして、今回の悲劇の誤報道で祝っている人、真報道が入ってきて怒りから暴力をふるう人まで(その光景を目の当たりにした兄弟はその時の経験が怖くて、今は教会に行けないと言っていました)。僕の中では宗教というよりは自分自身の心のもち様(英語ではよくスピリチュアリティーと表現されますが)が大切なんだってことを、ゆっくりと時間をかけて育てていきたいと再実感するきっかけになりました。それがもちろん宗教でもいいし、自分で作り上げていくものでもいいんだけれども。

生きる=どうやって死んでいくか、というこの課題はいっくら仕事が忙しくたって、勉強が忙しくたって、言い訳して怠けちゃいけないことなんだと。
[PR]
by duggo | 2006-01-09 14:41 | Private

スノボー

いやー、お久しぶりです。
先週の土曜日スノボー初出場してきました。
せっかく近く(といっても車で1時間半)にスキー場があるので、社会人になったことだし、今年は体調も大丈夫そうだし、行ってきましたー。

最初は2時間初心者レッスンに参加して、それから初めてリフト乗って3回滑って。

感想は、まさに体力勝負+痛さ我慢の世界でした。
最初はリフトも乗らないから、自分で丘を登ったりするので体力消耗。
しかも、スケボーだってサーフィンだってやったことない僕にはすっかり知らない世界のあの感覚。
手をつき、尻もちつき、腰を打ち、もうやってるときは夢中だけど、終わってみたらというかランチを食べたら以上に疲れていることに気づいて、ランチ後は1回のリフトで根をあげました。

いやー6年前ぐらいに富士山のスキー場でスノボーやりに行って、レンタルがなくなっててさっさと諦めて富士急ハイランドに行ったことを思い出しながら、あの時やっていたらどうなってたんだろう?って考えてました。

写真はなるべく早くアップしてみます。

尾テイ骨は痛いし、腕は筋肉痛だし、肋骨も痛いし、うちのパートナー(今まで7-9回スノボー経験者)曰く、1日目が一番疲れるし辛いとのこと。
2回目以降は体力もあるし、そんなにたいしたことないとのこと。本当かよ?

歳とかじゃないのかなー?とか真剣に考えちゃったりしましたけど、諦めずにまた挑戦しようと思います。筋肉痛ってことは運動したってことだしね。

あー、肋骨痛ぇー。
では。
[PR]
by duggo | 2005-12-21 15:03 | Private

今一番ほしいもの

ちょっとー、ノキアからこんな携帯が発売されるらしい。

日本ではわからないけど、少なくともアメリカでは発売予定。今まで、カメラもついていない某日本とスエーデンの合弁会社の携帯を長く使ってきて、仕事も決まったし、ちょっとこのへんで奮発して買い換えようかなーと考えていたところ。SIMカードの入れ替えでどこのキャリア(携帯電話会社)でもOKらしい。

でもなー699ドルでっせー。日本円では7万円です。しかも日本でリーマンしていた時よりかなり給料も少ないのですっげー出費比率になるんだけど。でもなー、RYUICHI SAKAMOTO氏の音楽もついてるしなー。もうこれしかないんじゃないかってぐらい気分は盛り上がりきってるんだけど。

ISLANDって映画で使われたのかな?観ようかなー。あ、でもなんか怖そうなので辞めとこうかな。

あ、でもREVIEWのあちこち検索したら、バッテリー時間は短いやら、ボタンは小さくて使いにくいやら、ボリュームボタンはサイドについてないやら、やたら高くて機能性に乏しいみたいなREVIEWばかり・・・・

やっぱり、やめるかな。
[PR]
by duggo | 2005-08-24 10:13 | Private